会社沿革

昭和22年4月 続木竹一、住友化学工業株式会社構内にて牧野工務店工作部(続木竹一個人名義)として製缶・配管・仕上旋盤・鳶作業・金属加工溶接工事を目的として営業を開始する。
昭和25年4月 職業安定法により住友化学工業株式会社社内より新居浜市新田町に事業所を移転する。
昭和28年1月 新居浜市西原町に新工場を建設、事業所を移転する。
昭和33年7月 正式に続木鉄工所として住友各社と工事請負契約を結ぶ。
昭和35年2月 資本金200万円をもって株式会社続木鉄工所を設立。
初代社長に続木竹一就任。
昭和39年6月 傍系会社続木商事株式会社を設立、北海鏡板四国総代理店となる。
昭和48年7月 愛媛県小松町に東予工場を建設、大型プラントを一括受注が可能になる。同時に資本金を2,000万円に増資。
昭和55年9月 大型工事増加に伴い資本金3,000万円に増資。
昭和56年10月 日本酸素殿より電電公社第四通信研究所厚木工場クリーン配管を受注、半導体配管事業を開始する。
昭和63年8月 東予工場にステンレス研磨工場を建設(続木商事)。ステンレスバフ研磨業務を開始する。
平成元年12月 本社工場内にクリーンルームを完成。半導体クリーン配管プレハブ工事が可能になる。
平成8年8月 続木勝彦 2代目社長に就任。
平成14年5月 東予工場に塗装用建屋を建設。
平成17年12月 本社配管工場、天井クレーンを延長、配管プレハブ工事の能力を増強する。
平成19年6月 続木剛 3代目社長に就任。
平成19年12月 高圧ガス保安法適用のタンク製作を開始する。
平成28年6月 本社工場 アルミ配管施工能力を強化する。

ページTOPへ